ユカシカド エンジニアブログ

体の栄養状態を把握する検査サービス VitaNoteを開発するエンジニアのブログ

(翻訳)Spreeドキュメント - エクステンション(1/2)

※ 誤訳意訳多々注意

自分の残念な英語力ではぴんとこない箇所は英語のままpending。怪しい訳多し。

実践もしくは英語力の向上を伴って正しく理解することがあれば、加筆・修正する予定です。

この記事は2013/07/16現在のものです。

翻訳元: EXTENSIONS - SPREE DEVELOPER

紹介(original)

このチュートリアルGetting Startedからの続きです。Spreeショップを開店して運用しているところからもう少しカスタマイズしてきます。カスタマイズする最も簡単な方法はエクステンションを使う方法です。

Spreeエクステンションとは?(original)

エクステンションはSpreeのサイトをカスタマイズする主要な仕組みです。Spree開発者が再利用可能なコードを共有し合うのに便利な方法を提供します。自分でつくったエクステンションをコミュニティで共有したくない場合でも、自分の組織内で再利用するのを便利にしてくれます。 また、機能ごとにまとまったコードに分離して整理するのにも便利な仕組みです。

エクステンションレジストリから便利なエクステンションを見つける方法(original)

SpreeエクステンションレジストリではSpreeコミュニティのメンバーによって開発されメンテナンスされているエクステンションを探すことができます。Spreeアプリケーションに機能を追加したい時はまず最初にエクステンションレジストリにないかどうか探してください; 必要とするそのもか、もしくは手がかりになるようなものが見つかるでしょう。もし自分の書いたエクステンションが他の人にも便利になりそうであれば、レジストリに公開すると人々に貢献できるでしょう。

エクステンションのインストール(original)

spree_fancyというエクステンションをインストールしてみましょう。SpreeFancyはアプリケーションのテーマの見た目を変更するだけです。エクステンションは機能を追加する為に、モデル、コントローラー、ビューを追加することもできますが、spree_fancyはSpreeアプリケーションの見た目を如何にして簡単にいい感じにするかを見せてくれます。大きな特長として完全なレスポンスデザインでモバイルデバイスへも対応しています。

spree_fancyをインストールするのには3ステップあります。

まず最初にGemfileの末尾に以下のコードを追加してください:

gem 'spree_fancy', :git => 'git://github.com/spree/spree_fancy.git'

次にBundler gemを使ってインストールしましょう:

$ bundle install

最後に以下のコマンドでエクステンションに必要なアセットのコピーとマイグレーションをおこないます:

$ bundle exec rails g spree_fancy:install

マイグレーション中のプロンプトには'yes'と答えてください。

最後のコマンドの実行が終了してから再起動して、

http://localhost:3000

にアクセスすると新しいテーマが反映されます。

‘エクステンションの作り方'へ続きます。

続き: (翻訳)Spreeドキュメント - エクステンション(2/2)