ユカシカド エンジニアブログ

体の栄養状態を把握する検査サービス VitaNoteを開発するエンジニアのブログ

Node.jsの開発環境セットアップ メモ

ブログの更新を長らくサボってしまいました。が、日々のRails開発はサボっていません。というか創業して1年立ち、一人開発室がてんやわんやです。
今回はRubyではなく、ついにNode.jsの出番では!ということがあったので、開発環境のセットアップメモです。 いつもながら初めての技術はワクワクします。

Node.jsセットアップ

nodebrewでNode.jsとnpmをインストー

https://github.com/hokaccha/nodebrew を参考にセットアップ。Rubyでいうところのrbenvみたいなものかな。

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

.zshrcにパスを追加。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

バージョン一覧を確認して、最新の安定版をインストールして使用できるようにする。

$ nodebrew ls-remote
$ nodebrew install v0.10.26
$ nodebrew use v0.10.26
$ nodebrew ls
v0.10.26

nodebrewをアップデートする時は

$ nodebrew selfupdate

npmの使い方

$ npm help

npm installの使い方だったら

$ npm help install

npmコマンドの入力補完を使うには

$ npm completion >> ~/.zshrc
$ source .zshrc

※ tmuxを使用していると一時的に動作がおかしくなったので一度、起動し直せば問題なくなった。

WebアプリケーションのフレームワークExpressをインストールしてみる。

$ npm install express

引数なしでインストールすると、カレントディレクトリの

node_modules/express

へインストールされる。

グローバルモードでインストールすると、

$ npm install -g express

すると、

~/.nodebrew/node/v0.10.26/lib/node_modules/express

へインストールされる。

Expressをさわってみる

express-generatorでプロジェクト作成

https://github.com/visionmedia/express のQuick Startを参考に express-generatorをインストール。Expressを使うのに必須というわけではないよう。

$ npm install -g express-generator

rehashすると、expressコマンドができているので、プロジェクトを作成する

$ express my_first_nodejs
$ cd my_first_nodejs
$ npm install # package.jsonにある依存ライブラリをインストール
$ npm start   # サーバを起動

http://localhost:3000で起動を確認。

感想

現在の付け焼刃的理解:

nodebrew <==> rbenv
npm <==> rubygems,bundler
package.json <==> Gemfile
express <==> sinatra

まだまだ全体像がつかめていませんが、最低限の周辺情報は把握できたので小さなアプリをつくりながら深堀りしていこうと思います。

参考リンク